猫の夏バテ対策!涼しく過ごす工夫で、猫が快適に夏を乗りきるための6つのポイント

猫の夏バテ対策!涼しく過ごす工夫で、猫が快適に夏を乗りきるための6つのポイント

もともと暑い国で生まれ、暑さに慣れている猫。しかし最近の猛暑は別格。猫だって、暑さ対策が必要です。愛猫が熱中症、夏バテになってしまわないように、今から暑さ対策の準備をしましょう。

多湿大敵!!猫は汗をかけない?!


言われてみれば…という方も、そんなの常識!という方もいらっしゃると思いますが、
猫は、人間と比べても、汗線の数が圧倒的に少ないんです。そのため、汗をかいて体温調節をすることができません。
かろうじて、口と鼻から水分を蒸発させて体温を下げていますが、湿度が高くなってしまうと、
こういった体温調節ができなくなってしまいます。
お家にいる時は、室内の気温だけでなく、湿度にも注意してあげましょう。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/fcbccc75-f514-47ff-a32d-34adcb4f6974.jpeg

留守中のために、普段から取り組みたい6つのポイント


飼い主さんが、お家にいる時は様子をチェックできるのでまだ安心ですが、一番心配なのは、猫にお留守番してもらうときですよね。
しかし、猫はとてもデリケートな性格。普段から夏バテ対策の準備をしていくことが、猛暑を乗り切るポイントになりますので、ぜひ実践してみてください。

1.お水を複数の場所におく

猫も人間も同じです。暑さ対策はまず水分摂取から。普段から猫はそれほどお水をたくさん摂りませんが、
暑いときはいつも以上に水分が必要になります。
また猫の習性上、新鮮なお水しか飲んでくれません。留守中は頻繁にお水を足してあげることができないので、
いくつかのお皿に分け、分散させて置いてあげましょう。

ただ、猫はいつも自分が使っているお皿や場所でないと、置いても飲んでくれないこともあります。
お水を入れる食器を増やしたり、いつもの場所以外にもお水があることを認識してくれるように、普段から取り組んでおきましょう。


2.ウエットタイプのご飯を取り入れる

上記でもご紹介した通り、水分をたくさん摂ってもらうことが大事なのですが、
なかなか思うようにお水を摂ってくれないこともケースとして多くみられます。
そういった場合には、水分量が多いウエットフードに頼るのが良いです。

猫が夏バテで食欲が減ってしまった時でも、水分も栄養もきちんと補給できます。
最近では種類も多く出ているので、普段ドライフード派の方も今のご飯と併用しながら、
好んで食べてくれるものを探してみましょう。


3.涼しいスポットを確認してあげる

猫は、暑いときも寒いときも自分にとって一番居心地の良い場所を探すのが大得意。
暑いとき、猫がどこで過ごしているか、まずは観察してみましょう。
猫のお気に入りの場所=涼しいスポットです。
廊下や玄関など意外な場所もあるので、どこが涼しいスポットか分かったら、
飼い主さんの留守中にも、そのポイントに移動できるように、扉を開けておくなどしてあげましょう。
特にフローリングで陽の当たらない廊下などは、冷たくて気持ちいいため、人気の涼しいスポットのようです。
ただし、キッチンや浴槽など危険な場所には入れないようにしておくのも忘れないでくださいね。


4.クールマットなどのグッズを活用する

最近では、冷却効果のあるペット用グッズもたくさん販売されています。
クールマット、アルミプレート、大理石マットなど種類も様々です。
どれも1000円前後と手頃なものが多いので、試しに使ってみるのもいいですね。
ただこういったグッズ全般にいえるのですが、猫は気に入ったものしか使ってくれないんです。
いくつか試してみて、お気に入りのものを見つけてあげましょう。


5.遮光カーテンを使う

最近では、冷房代節約のためにも、遮光カーテンがオススメされていますよね。
猫はかしこいので、自分で太陽に合わせて寝る場所を変えて直射日光をさけることはできますが、
陽当たりがいいと、室温もぐんぐんあがってしまうので、真夏までにはぜひ準備しておきたいアイテムです。


6.涼しい風が通るようにしてあげる

留守中は特に、防犯上の観点からも窓など閉めきってしまうことが多いと思います。
空調をつけっぱなしにしてあげる場合はこれでも大丈夫なのですが、
そうでないとさすがに蒸し風呂状態になってしまうので、風通しのことも考えてあげましょう。
換気扇をつけて置いたり、換気用の窓を開けておくなどや、扇風機を首振りモードにしてつけておくと、よく風が通ります。
しかし、どの場合も、窓からある程度涼しい風が入ってくる場合に効果的なものなので、あまりに暑い日などは、
設定温度を28度前後にして、エアコンをいれておいてあげましょう。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/66ce68ed-dc74-496d-bb77-1c41685791d8.jpeg

熱中症になってしまったらすぐ冷やしてあげましょう。


猫が、息づかいが荒らくなっていたり、口を大きくあけてはぁはぁと息をしていたら、熱中症の可能性があります。
身体を触っていつもより熱くないか確認してください。
身体が熱く、熱中症の可能性が高い場合は、すぐに病院に連れていきたいのですが、
体温が高いところに、キャリーバッグなどに閉じ込めて外に出るのは危険です。
病院に行く前に、すぐに猫の身体を冷やしてあげましょう。
保冷剤を置いてあげたり、濡れたタオルなどを身体にかけて気化熱で温度が下がるようにします。
それから、病院に連れて行き適切な処置をうけて下さいね。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/13d4f07f-cefb-494f-839f-245a8263db1c.jpeg

この記事を書いた人

まほ

まほ

動物大好き〜!猫をもふもふするのが日課。

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう