初めて飼うならこのインコがおすすめ!初心者さん向けのインコちゃんは3種類いますよ

初めて飼うならこのインコがおすすめ!初心者さん向けのインコちゃんは3種類いますよ

インコを飼いたいなぁ〜とお悩み中のあなた!初心者でも飼いやすいインコを選んでみました。ぜひぜひ譲り受ける前にご参考にしてみてくださいね♪

初心者さんへのおすすめのインコTOP3!


インコにはさまざまな種類がいます。

身体の大きさや、性格、
あとは鳴き声の大きさなども
考慮したいですよね。

比較的お世話が簡単で、
初心者さんにもオススメのインコは、

1.セキセイインコ
2.オカメインコ
3.コザクラインコ

です♪

置き場に困らない程度の、
大きさのケージで飼うことができて、
ご飯もペットショップで
手に入るもので済みますよ。


http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/ef41c15e-69b5-452c-aa09-74d64f50e89f.jpeg

1.とにかく1番飼いやすい!セキセイインコ


【価格】
5,000円前後

【見た目】
セキセイインコは、
インコの中でも小型なので、
ケージのことを考えても扱いやすく、
初心者さんに人気の種類です。

【性格】
・おしゃべりが得意!
おしゃべりしたさに飼う方も多いですよ。

・巣引きしやすい
インコを番(つがい)で飼って、
ヒナを孵化させるのにも適しています。

・寂しがり度
少★★☆☆☆多

セキセイインコの基本的な性格は、
コミュニケーションがしやすく、
家族で飼育していても、
みんなと仲良くしてくれる
親しみやすい子が多いです。

一人遊びもできちゃうインコなので、
一人暮らしの方にもオススメですよ♪


【鳴き声】
小★★★☆☆大

鳴き声は比較的うるさくなく、
大がかりな防音対策は不要です。

しかし、1羽になると
寂しくて飼い主さんを
大きな声で呼んでしまうときがあるので、
壁が薄いお家や、ご近所が気になる場合は
防音対策が必要になるかもしれませんね。

「飼ってみたものの声が大きくて、飼えない!」
となってしまうと、
インコちゃんが可愛そうですよね。

念のため、
飼う前にアクリルケースなどの
防音対策を確認しておきましょう。


【注意点】
感情の起伏が激しく、
遊んでいると、
かなりハイテンションになります。

そのため発情しやすく
飼い主さんに対しても
求愛行動をとることがあるので、
発情させすぎないように注意しましょう!

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/08f0dff6-ff80-487d-a4b9-637da2a6668a.jpg

2.歌が上手!穏やかで優しいオカメインコ


【価格】
1万円~3万円前後

【見た目】
オカメインコは“インコ”といわれていますが、
実は動物学的にはオウムです。

大きさは中型で、
セキセイインコより一回り大きい。

【性格】

・歌がとても上手
おしゃべりよりも、
音をマネしたり、歌を歌うのが得意で、
歌って飼い主さんと
コミュニケーションもとります♪

・寂しがり度
少★★★★★多

臆病でとても寂しがり屋です!
そのため、家族での飼育が
オススメです。

“オカメパニック”といって、
あまりに臆病なので、びっくりすると
ケージ内で飛びまわってしまいます。

ときには、怪我を引き起こすことも…。

鳥類は全てそうですが、
夜目がきかないため、
暗いとますます見えなくて
パニックになってしまいます。

夜は豆電球をつけたり、
物音に慣れさせるために
ラジオやテレビを
つけっぱなしにするなど
対策をしてあげる必要があります。

しかし、
お世話をしてくれる
飼い主さんへの信頼は強く、
とってもよく懐いてくれます。

穏やかで優しい性格で
寂しがり屋なインコちゃんなので、
家族みんなで
お世話をしてくれる方にオススメです。

【鳴き声】
小★★★★☆大

普段はおとなしく、
鳴くことが少ないですが、
とくに寂しいときの
飼い主さんを呼ぶ声は大きいです。

飼い主さんがいなくなると
寂しさゆえに、
セキセイよりも大きな声で鳴きます。

マンション住まいの方は
気になってしまうかもしれません…
防音対策も視野に入れてくださいね。

【注意点】
鳥類には、脂粉と呼ばれる
フケのようなものがあります。

オカメインコちゃんは
脂粉がものすごく多く、
ケージ外で遊ぶと脂粉が
散乱してしまうので、
こまめなお掃除が必要です。

今回紹介している3種類の中でも、
一番脂粉は多いです。

喘息やアレルギーの方には
残念ながら、オススメしづらいですね…。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/45feb5da-32e7-4cfa-968c-aa640a4c400f.jpg

3.一生愛を捧げます!別名ラブバードこと、コザクラインコ


【価格】
1万円~1万5千円前後

【見た目】
とてもカラフルで、
色のバリエーションが豊富な
中型のインコです。

【性格】
・おしゃべりはニガテ。

・寂しがり度
少★★★★☆多

自由気ままな部分もあるので、
オカメほどの寂しがりやでは
ありませんが、
とにかく自分がパートナーと
みなした飼い主さんに対しては、
常に一緒にいたいほどの愛情があります。

・とっても愛情深い!
別名ラブバードといわれるほどで、
この愛情の深さがコザクラインコの
最大の特徴でもあり、かわいいけれども
少し難しい点でもあります。

1羽飼いだと、飼い主さんに
ベタベタになりますし、
家族で飼っていても、
一番なついている飼い主さん以外の
家族の方には、嫉妬心から
威嚇してしまうこともあるほどです。

また飼い主さんがいないと、
寂しさからのストレスで
病気になってしまうことすらあります。

【鳴き声】
小★★★★★大

セキセイは声が小さく、
オカメは大人しいのに対し、
コザクラインコはかん高く
頻繁に鳴く種類です。

実際に防音対策を施している
飼い主さんも多いです。

ご近所迷惑が気になる方や
マンション住まいの方は
アクリルケースでケージを包むなどの、
防音対策が必要と思っておいたほうが
いいでしょう。


【注意点】
脂粉もオカメちゃんほどでは
ありませんが、多い方です。

喘息を起こしてしまう方もいるので、
注意しましょう。

また、
噛み癖がある子も多く、
インコちゃんが気に入らないことがあれば、
ガブッと噛まれてしまい
流血沙汰になることも…。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/9e3b20ed-e260-40ec-ade2-d80d5b8c8e74.jpg

他の種類のインコや大型のインコは初心者には難しい…?


ここで紹介しているインコたちの主食は、
穀物なので、食事管理がしやすいです。

しかし種類によっては、
主食がフルーツなど、
腐敗しやすく保存がきかない食事のため
管理が難しいインコもいます。

飼育が難しいインコの中には、
ヒナのお世話が難しく
大人になる前に死んでしまうケースや、
しつけが必要なので、
数年間はブリーダーさんの元で
育てる必要がある種類もいます。

また身体が大きいインコは、
寿命も数十年と長いものが多いので、
飼育にはかなりの覚悟が必要になります。

身体が大きいと、鳴き声も大きく、
噛む力が強くなるので、
とくに小さなお子さんがいるご家庭などは、
今回ご紹介した種類のインコ達が
オススメになります。

今回ご紹介した3種類のインコの
鳴き声に関しては、
下の呼び鳴き対策の記事も
ぜひ参考にしてみてくださいね♪



→「インコの呼び鳴き」がうるさい!この6つの対策を実施しよう

この記事を書いた人

ぽち

ぽち

インコ飼い歴10年、小鳥さんが大好きで発見すると見つめちゃいます。

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう