イカは加熱が必須!猫がイカを食べると、ビタミンB1欠乏症になる?

イカは加熱が必須!猫がイカを食べると、ビタミンB1欠乏症になる?

猫にとって有害な食べ物は数多く存在しています。今回はイカを猫が食べていいのかどうか?

猫はイカを食べちゃダメ?


「猫がイカを食べると腰を抜かす」という、昔からの言い伝えを聞いたことありませんか?

昔からいわれているということは事実なの…?と考えてしまいますが、確かに【生のイカ】
は、猫の身体にとって有害な成分を含んでいます。

【生のイカ】には「チアミナーゼ」という酵素が多く含まれていて、それを猫が食べるとビタミンが分解され、急性ビタミンB1欠乏症という症状が起こってしまうのです。


ビタミンB1欠乏症の症状は、軽い症状だと食欲低下・嘔吐。重くなると、痙攣や、フラフラ歩くようになる、大きな声で鳴き続けるなどの症状を引き起こします。

最悪死亡することもあるため、猫には絶対に【生のイカ】をあげてはいけません。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/91a5e656-f3ea-4b36-a4ed-cbdadf95904d.JPG

生じゃなければ大丈夫?イカを猫に食べらせられる調理法


実は、加熱すれば猫もイカを食べられます。
猫の身体に有害な「チアミナーゼ」は熱に弱く、火を通してしまえばほとんどなくなります。
加熱した、もしくは加熱加工したイカであれば、症状が出ることはありません。

しかし、スルメなどの加工イカはお腹の中で水分を受けると膨れるので、便秘やお腹の具合を悪くするので注意が必要です。生じゃないから大丈夫とたくさん食べさせないようにしましょう

イカは猫に必要な栄養素もたっぷり含んでいるんです


ちなみにイカに含まれているタウリンは猫にとって健康に良い栄養素で、少量を上げる分にはかえって健康にいいです。
また多くの猫はイカやタコが好きなので、しっかり火を通して一緒に食べてみるのもちょっとした楽しみになるかもです。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/6282ccb3-9c83-4b5d-96c2-fbadb0431026.JPG

イカの与え方には注意して、贅沢なお食事の時間を楽しみましょう


「猫がイカを食べると腰を抜かす」と聞くと、昔の人が猫をどういうふうに飼っているのか気になりますよね。毎日、イカを食べていたとすればそれはそれで贅沢な…と思ってしまいます(笑)現在は、栄養バランスがとれているキャットフードがたくさんでているので、イカばかり与えるなんてことはないと思います。

イカを与えるときは、キャットフードに少し手間をくわえて加熱したイカをトッピングしてあげるといいかもしれません。


快適で健康的な食事を与えてあげることは、猫にとっても自分にとっても大切なことです。

この記事を書いた人

augusu

augusu

犬猫好きなフリーライターです。猫を撫で、犬と散歩する楽しいペットライフを送ってます。そんな日常からタメになる記事を書いていこうと思います!

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう