ボタンインコの基本的な性格と5つの特徴【鳴き声が聞ける動画付き】

ボタンインコの基本的な性格と5つの特徴【鳴き声が聞ける動画付き】

ボタンインコはアフリカに生息する小型のインコで、インコ夫婦の仲の良さから“ラブバード”とも呼ばれています。丸っこい体型とつぶらな瞳、そしてカラフルな羽が人気のインコです。セキセイインコと違った性格の持ち主で、一味違う小鳥ライフを楽しめます。

ボタンインコの基本的な性格


ボタンインコは、フレンドリーで誰とでも親しめるセキセイインコとは違い、一途な性格です。愛情が深い半面神経質な部分もあります。

・一途で愛情深く、一羽飼いであればベタベタになる程

・セキセイやコザクラインコより神経質で寂しがり屋

・縄張り意識が強い子が多く、縄張りに手を出すと噛む攻撃的な一面も

・メスよりもオスの方が温和な性格

一途な性格なので、誰とでも…というよりかは飼い主さんにべったりなので、一羽飼いに向いている小鳥です。神経質で寂しがり屋なので、何かとストレスがたまると毛引き症という精神的な病気になりやすいです。

※毛引き症…鳥がストレスによって自分の体の毛を抜く病気。一度抜き始めると癖になり完治が困難。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/0f8ba9c8-dec0-4904-ac43-040c25601a67.jpg

ボタンインコの5つの特徴


ボタンインコはこんな5つの特徴があります。

1.比較的に毎日のお世話は簡単で、手順はセキセイと同じです!


ご飯はセキセイと同じ粟やヒエなどの穀物を主食とし、それに副食を加えた食事内容になります。ボタンインコはさらにヒマワリの種も食べます。飲水の交換や毎日のお掃除もセキセイと同じです。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/f1ee2739-860b-4624-9b7f-5a841cc7c1e2.jpg

2.おしゃべりは苦手だけど、インコとのラブラブ生活を楽しめます!


セキセイインコと比べるとおしゃべりは苦手で、たまにしゃべる子もいますが聞き取りづらいです。しかし、ボタンインコは非常に愛情深いインコなので、表情やしぐさでの愛情表現はとても可愛らしく人気があります。飼い主さんにべったりでどこに行っても一緒についてくるので、セキセイとは違った小鳥ライフを楽しむことが可能です。

3.神経質な面があり、しっかり遊んであげないと精神的な病気になることも。


愛情深い半面かなり神経質で、飼い主さんにかまってもらえなくなったり、インコがストレスを感じたりすると毛引き症になりやすいと言われています。他の種類のインコでも同じことですが、とくにボタンインコは毛引き症になる傾向が強いと言われています。
他の小鳥と飼う場合は、鳥同士の相性が悪いと遊ぶ時間をずらしたりケージを離したり必要があります。また既に他の動物を飼われている場合はインコ専用ルームを用意しないと、一緒の部屋にいるとストレスになってしまいます。

4.鳴き声は甲高く大きいので、近隣が気になる場合は防音対策が必要


マンション住まいの方や近隣が気になる場合は防音カーテンなどの対策が必要になってくる可能性も・・・。

5.凄まじい破壊力を持つクチバシ、しばしば流血沙汰も…。


小型の割にはクチバシで噛む力は、セキセイをはるかに超えます。ベタ慣れした飼い主さんに噛むことはあまりないようですが、噛まれたら流血沙汰になることもあるとか…。クチバシ先端のとがった部分を動物病院などでカットすることができます。
また破壊行為も激しく、コードや紙類などはガミガミと噛んでインコのおもちゃとなります。電気コードをかじられると危ないので、気を付けてあげましょう。

この記事を書いた人

ぽち

ぽち

インコ飼い歴10年、小鳥さんが大好きで発見すると見つめちゃいます。

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう