迷いインコを保護したら? 命を繋ぐために知ってほしい6つのこと

迷いインコを保護したら? 命を繋ぐために知ってほしい6つのこと

暖かい時期になると窓を開けることが増えます。開いた窓から、つい飛び出してしまって困っているインコがいるかもしれません。

1.迷いインコの捕まえ方!元気なら無理せずおびき寄せよう


迷いインコが元気な場合、
急な動きをしたり大きな声を出すのは禁物。

驚いて逃げてしまいます。

そっと片手を差し出して「おいで」と
声をかけてみましょう。

そうやって呼ぶと手に乗るように
訓練されたインコもいます。

自分から寄ってこない場合は、
インコから見える室内に
餌を置いて見守ってください。

飼っている鳥がいたら、
鳥の入ったケージを見せると
寄ってくるかもしれません。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/c588b145-9632-4791-bd91-2267e9107342.jpg

2.仮住まいは段ボールでもOK


いきなり他の鳥が入っているケージに
入れることはやめましょう。

喧嘩したり、思わぬ感染症の危険があります。

仮住まいはインコが中で
動ける大きさなら虫かごやアクリルケースでも、
段ボール箱でも構いません。

滑りにくいように、
底にキッチンペーパーを敷いてあげましょう。

段ボールの場合は、中が真っ暗にならないよう
上の面を切り取ってネットを張るといいでしょう。

怯えたり、興奮しているようならケージに
布をかけて薄暗くし、必要以上に覗かないようにしてください。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/93c146ce-c37f-4ace-8cbd-c4572d39d6ff.jpg

3.弱っているなら保温を


簡単に捕まるほど弱っている場合、
仮住まいは小さめにして中を温めます。

ペットボトルにお湯を入れた湯たんぽなどがお勧めです。

使い捨てカイロもいいですが、
酸素を消費するので酸欠にならないよう気を付けて。

インコは暑いとき口を開けて呼吸したり、
翼を胴体から浮かせたりします。
寒いときは羽毛を立てて松ぼっくりのように膨らみます。

様子を見て温度を調節してください。

ケージの中に温度差を作ると、
インコは自分で快適な所へ行ってある程度調節します。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/9516b0d3-6b3d-4b1f-b51e-6f19b0d16d47.jpg

4.小鳥の飼育経験が無い方へ、餌の話


鳥は飛ぶために体重を軽くしなければならないので、
あまり体に栄養分を蓄えることができません。
とにかく栄養を摂らせることが重要です。

インコの多くはアワなどの雑穀を配合した
「小鳥の餌」を食べます。

ホームセンターや大き目のドラッグストア、
スーパーで売っています。

インコがフチに乗っても倒れない
浅めの入れ物に入れて与え、ケージの床にも
パラパラとまいておいてください。

水も同様に倒れない容器に入れてください。

もし餌がすぐに用意できない場合は、
砕いたお米やパンでも構いません。

次の日ちゃんと鳥用の餌を用意してくださいね。

雑穀をあまり食べない種類のインコもいます。

迷いインコの種類を調べて、
適したごはんを用意してあげてください。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/fa81de6d-7dd1-4bd4-9698-70c59041074f.jpg

5.元気の無いインコにはスペシャルドリンクを


自分で飲み食いする元気がない場合は、
糖分を補給してあげましょう。

スポーツドリンクやはちみつを
かろうじて味を感じるくらいに水で薄め、
お風呂くらいの温度に温めてください。

くちばしの横から、上下のくちばしの間に
しずくを付けると飲んでくれます。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/14db0f5b-b04e-4e55-8d29-d3fa62fe5be9.jpg

6.落ち着いたら飼い主探し


インコの世話が落ち着いたら警察や保健所に届けを出したり、
ネット上で呼びかけてみましょう。

元の飼い主は、もしかしたらネット環境を
持っていないかもしれません。

近所の動物病院やペットショップ、
スーパーマーケットなどに貼り紙させてもらえば、
見つかる可能性は高くなるでしょう。

こちらの記事はインコが逃げた場合の対処法ですが、参考になります。
窓を開けていたら飛んでいっちゃった!インコが逃げ出した時の6つの対応

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/a86d6672-dec7-4c7e-942f-22f748a6de82.jpg

命を繋ぐ一人目はあなたです!


迷いインコを見つけた時、
「死なせてしまうのが怖いから」
「もし飼うことになったら責任持てないから」
と尻込みしてしまうかもしれません。

でも人に飼われていたインコが
自然の中で生きていくことはまずできません。

絶食にも弱く、迷いインコに
残されている時間は少ないのです。

どうか勇気を出して、
手をさしのべてあげてください。

わからないことがあったり、迷いインコの世話を
誰かに引き継いでほしいときは遠慮なく
周囲の鳥飼いやネット上に助けを求めてください。

きっと助けてくれる人が現れます。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/e525dfaf-5197-43fa-88a6-e8713f2e5dfa.jpg

この記事を書いた人

コッコ

コッコ

幼い頃から鳥さんと暮らしてウン十年

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう