猫に服を着せるメリット・デメリットってなんだろう?

猫に服を着せるメリット・デメリットってなんだろう?

最近洋服を着ている猫、見かけますよね。猫に洋服って着せても大丈夫なのかな?洋服を着せた方がいい場面ってあるの?という方に、今回は猫の洋服メリット・デメリットをご紹介します。

猫は洋服を着ることをどう思ってるの?


猫は自分で身体をグルーミングすることで、
清潔さを保っています。

お洒落や、撮影のために洋服や被り物を
している猫を見るようになりましたが、
グルーミングの観点からすると、
とてもかわいいこれらの装飾品も、
不要なものになってしまうんです。

そのため、服を着せる場合は、
ストレスを与えないように注意が必要です。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/03aa959f-d559-4071-ba8c-5fdbb0bd04e6.jpeg

猫に服を着せたいときは、徐々に&猫の様子に注意して!


初めから長時間洋服を着せたままにしたり、
嫌がっている所を無理やり着せるのは
猫からの信頼を損なうだけでなく、
大きなストレスを与えてしまいます。

洋服を着せたい場合には、
少しずつ慣らしてあげるようにしましょう。

かじって脱ごうとしている時や、
洋服を着せたとたんジッと固まり
動かなくなってしまう時には、
すぐに脱がせてあげて下さい。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/f0468870-509c-4712-a852-615595c9585a.jpeg

猫に服を着せてあげた方が良い場合


手術のあと
怪我をしているとき
薬をつけているとき
寒さ対策
皮膚病、敏感肌
など

猫が身体をグルーミングしてほしくないときには
洋服を着せると安心です。

術後などに着けるエリザベスカラーを、
嫌がる猫などは、洋服を着せてあげた方が
ストレスの軽減になる場合もありますよ。

また、寒がりの猫ちゃんにも
洋服を着せてあげる飼い主さんも増えてきました。

皮膚病や敏感肌の場合にも、
洋服を着せてあげることで、
猫の身体を守ってあげることができる場合もあります。

最近では猫用の洋服の
バリエーションも豊富になってきました。

猫の状態に合わせた洋服を選んであげましょう。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/578a5426-9fa0-40a6-a829-e34a8036b0dc.jpeg

猫に服は必要か?


健康な猫の場合、日常的に洋服を着せることは
重要なこととはいえません。

猫は自分で身体をグルーミング
することで精神的にも安定します。

飼い主さんの目線での
「可愛い」「お洒落」というだけであれば、
長時間洋服を着せることはあまりお勧めしません。

極寒状態でなければ、
寒さ対策の洋服も大きな効果は期待できません。

ペットヒーターなどを用意すれば
寒い時には自分から温まりに来ますし、
コタツや布団、ベッドなどで
身体を丸めて体温を保っています。

洋服を着せるよりも、
日向ぼっこをさせて身体を温める方が効果的です。

長時間、猫に洋服を着せていると、
毛玉ができやすく
皮膚トラブルの原因になってしまいますし、

窓際で日光浴をして、
気持ちよさそうにグルーミングする時間が
なくなってしまうのは、
猫にとっても大きなストレスになってしまいます。

術後などの特別なときに、
猫の身体を守ってあげるため分には
洋服を着せるメリットはありますが、
それ以外では猫に洋服を着せることが
大きなメリットとはいえないでしょう。

洋服を着ることに抵抗がない猫もいますが、
ほとんどの猫は洋服を着ることを
あまり嬉しいと感じていないことが多いようですね。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/06473bb2-fa7d-4a78-b5d7-1fbd3f96a9fb.jpeg

この記事を書いた人

りょう いちお

りょう いちお

バーニーズとフレブル、保護猫ちゃんとシッポまみれの毎日です!

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう