インコの糞をチェック!この5つのサインで病気の早期発見しよう

インコの糞をチェック!この5つのサインで病気の早期発見しよう

人間の場合と同様、インコのウンチも健康のバロメーターです。でも鳥は尿と便を一緒に出すなど、人間とは勝手が違うところもあります。糞の特徴とチェックすべきポイントを知っておきましょう。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/924f24af-46bf-4be0-aeb3-cc490ffb3e93.jpg

1.糞の量や大きさをチェック!


鳥は病気を隠すといわれます。

食欲がなくても餌を食べるふりを
することがあります。

でも糞の量は正直に食べた量を教えてくれます。

毎日チェックしてあげましょう。

糞が出なかったり、極端に少ない場合は卵詰まりや、
異物を飲み込んで詰まらせたことが考えられます。

すぐに鳥を見られる獣医さんに見てもらいましょう。

産卵、抱卵中の雌が大きな糞をするのは正常ですが、
腸壁ヘルニアなどによって排便しにくくなり、
結果的に大きな糞をする場合があります。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/453e491d-0a02-46e7-a2ee-330d72d8360d.jpg

2.実は難しい、インコの下痢と多尿の見わけかた


鳥の糞は白い尿の部分と、
緑色っぽい固形の便の部分が
一緒に出てくるので、
下痢かどうか判断が難しい場合があります。


・下痢

固形部分がくずれて形を失っています。

・多尿
固形部分が形を保ち、周りに尿の水分が広がります。
尿だけ出る場合もあります。

下痢は色々な感染症や中毒、
胃腸炎や腫瘍などの病気が考えられます。

多尿は雌の発情中や水分のとり過ぎでも
起こりますが、糖尿病など
病気の可能性もあります。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/0c9228c0-7be0-4844-861c-65f4f43c69d6.jpg

3.油断できない消化不良


食べたものがそのまま糞に出てくる(全粒便)場合は、
消化不良を起こしています。

インコは食べたものを筋胃(砂肝)の中で
堅いものと一緒にすりつぶすので、
メガバクテリア等の感染や胃がんで
筋胃の働きが弱くなっていることが考えられます。

ひどい消化不良は、餌を食べても栄養が
ほとんどとれていない危険な状態。

流動食や点滴という手段もありますので、
鳥に詳しい獣医さんの診察を受けさせてくださいね。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/cfb49bb4-af5e-4b36-96f2-0b12987a9d3b.jpg

4.便の色の異常


正常な便の色は、餌によって変わってきますが
黄褐色〜濃緑色です。

・白っぽくなる

でんぷんをうまく消化できないと
白っぽくなります。

・黒や赤

黒っぽい場合は消化管のどこかで
出血している可能性があります。

お尻に近い部分で出血していると、
血の色がそのまま見えます。

・鮮やかな緑

普段からインコの糞が緑がかっているのは、
胆汁の色のせい。

ほとんど餌を食べていないと、
胆汁の割合が増えて鮮やかな濃緑色に
なります(絶食性の糞)。

金属中毒の時にもこういう色になるそうです。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/c3c73758-b273-43ed-8805-e0fe5aab48e6.jpg

5.尿の色の異常


正常な尿の固形分は白いペースト状で、
水分はほぼ無色透明です。

・黄色

肝炎や脂肪肝で肝臓の働きに
異常があることを示しています。

・赤、オレンジ、緑色

肝炎や敗血症、心臓の病気、
金属中毒などで血液中の赤血球が
壊れると(溶血)尿の色に異常が出ます。

この記事を書いた人

コッコ

コッコ

幼い頃から鳥さんと暮らしてウン十年

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう