犬の首輪とハーネスって何が違うの?どちらがいいの?

犬の首輪とハーネスって何が違うの?どちらがいいの?

犬の首輪やハーネス、おしゃれの意味もありますが、安全にお散歩を楽しむためにも大事なアイテムですよね。しかしその種類の多さにびっくり。値段もさまざまです。いったい何がいいのか迷ってしまいますよね。それぞれの特徴やメリットなどをおさえて、どちらがいいか比べてみましょう!

首輪とハーネスって何が違うの?


まず首輪とハーネスの違いからです。


首輪は、
お馴染みの、首の周りに着けてとめるもの。

そしてハーネスですが、
犬を飼ったことがないと
なじみがない言葉ですが、
胴輪のことです。

よく盲導犬などがつけている
前足を通して背中で止めるタイプのもののことです。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/320b5a37-dfc9-400e-b0f4-c7806f257aae.jpg

首輪のいいところ、悪いところ


首輪はまず種類も豊富で、
取付しやすいということがあります。

そしてお散歩のとき、
敏感な首にダイレクトに
飼い主さんが引っ張る力が伝わるので
連帯感が強く持てて、
引っ張りすぎを直したりのトレーニングにも便利です。

しかし気を付けないと、
首を絞めつけたりして
犬が苦しいということにもなります。

しっかり横について歩く
練習をしててくださいね。

またつけるときは
ピッタリしすぎても、緩すぎてもいけません。

指が二本くらい入る余裕を
目安に締めるようにしてあげてください。


大型犬などは犬の力も強いですし、
しっかり強度のあるリードと
組み合わせて首輪を選ぶとよいでしょう。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/9a4526af-5d89-4ce8-8d28-6200099b6d6e.jpg

ハーネスのいいところ、悪いところ


ハーネスは体に付く部分が多いので、
散歩のときに犬の体への負担が少なく、
犬が楽です。

まだ子供の頃や、
力が弱い小型犬、
気管支や呼吸器に病気がある犬は
ハーネスがおすすめです。

しかし飼い主さんの力が
伝わりにくい分、
犬がぐいぐい引っ張ってしまう点が問題です。

しつけがまだ十分でなかったり、
力が強い大きな犬には
様子を見てからつけてあげるようにしましょう。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/cc80d8ea-4118-4995-8904-ada9935c98e6.jpg

トレーニングに◎引っ張りも調整しやすいプレミアカラー


プレミアカラーとは一見、
首輪のように見えるんですが
違うのです!

首に着けるタイプなのですが、
リードをひけばきゅっと締まって、
犬が苦しくないように
設定したところで止まるんです。

付け外しも、
金具を付けたり止めたりではなく、
頭が通るサイズに緩められて、
スポッと取れるので便利です。

ナイロン製で
価格もお手頃なのも嬉しいポイントですね。

首輪はつらいけど
トレーニングもしたいという犬には
試してみてもいいかもしれません。

ただしっかりサイズを選ばないと
外れやすいので、
ちゃんとサイズを測って使ってあげて下さいね!

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/6f3a85da-5ae1-4836-8b81-0cefff81eb81.jpg

この記事を書いた人

びきた

びきた

生まれた時からずっと一緒、犬がいない生活は考えられません!

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう