【野生のインコ】 アフリカの乾いた高地に暮らすコザクラインコ

【野生のインコ】 アフリカの乾いた高地に暮らすコザクラインコ

ラブバードの一種というだけあって、ペアをつくればラブラブ、1羽で飼えば飼い主にべったりになるコザクラインコ。尾が短く、ずんぐりした体型はまるでぬいぐるみが動き出したようですが、彼らも元々は野生の鳥です。故郷の自然の中でどのように暮らしているのか、ちょっとのぞいてみましょう。

アフリカ大陸南部がコザクラインコのふるさと


ナミビアは海岸沿いのナミブ砂漠と
内陸の高地からなります。

高地にはサバンナや森、高山があり、
カラハリ砂漠の一部もかかっていて、
その自然は場所によってさまざまな顔を見せます。

そんな中、コザクラインコは
内陸部の標高1500メートル前後のひらけた高地に
小さな群を作って住んでいます。

昼間は気温が30度を超えることがある一方で
夜には氷点下になることがあり、
高地のためか一日の寒暖差が大きな気候です。

降水量が少なく湿度が
0パーセントになることもある、
とても乾燥した土地です。

日本では、夏場のジメジメに
気をつけた方がよさそうですね。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/6f8c76c1-4fe8-4136-93b7-3fe83ea3c11d.jpg

野生下でも草の実を中心に食べています


昼間はアカシアなどの木の上で休み、
過ごしやすい朝夕を中心に草の実や
木の実などの餌を探すことが多いようです。

時には畑の穀物を失敬することも。

よく農家の家畜用の水場に
水を飲みにくる様子が見られます。
野生でも水浴びが大好きです。

ナミビアでは川や湖のほとんどが
乾季には姿を消してしまうそうです。

人間がダムなどを作って
水場を確保したおかげで、
野生のコザクラインコたちは
以前より暮らしやすくなっているのかも
しれませんね。

普段は小さな群れで暮らしていますが、
木の実がなったりすると数百羽も
集まってきて大騒ぎをしながら食事をします。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/658d1e48-5ae8-4916-a077-440c78584b52.jpg

狭いところに潜り込んで眠ります


野生のコザクラインコは、
住んでいる環境によって崖の岩の隙間や、
他の鳥の巣のおさがりなどを巣として利用し、
潜り込んで眠ります。

飼われているコザクラが
あまり止まり木を使わなかったり、
飼い主の服の中に入るのが好きなのも
この習性からきているんですね。

圧巻なのは、枯れ草で編み上げた
巣が集まってできた集合住宅です。

これは実はコザクラインコではなく、
スズメの仲間がつくったもの。

空き家になった部屋を間借りしているのです。

小さな猛禽類まで住み着いたりして
異種混合の鳥たちの村を作り上げています。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/39f5d23a-9375-4055-8727-1c3d9732e070.jpg

ラブバードたちの故郷アフリカ


コザクラインコと同じラブバードの仲間で
あるボタンインコもアフリカ出身です。

アフリカ東部のタンザニアやザンビア、
南東部のモザンビーク、ローデシアを
中心に暮らしています。

アフリカの熱気と厳しい自然が、
情の深いラブバードを
育てたのかもしれませんね。

この記事を書いた人

コッコ

コッコ

幼い頃から鳥さんと暮らしてウン十年

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう