猫と飼い主さんの信頼関係をつくろう!知っておきたい4つの秘訣

猫と飼い主さんの信頼関係をつくろう!知っておきたい4つの秘訣

猫と深い信頼関係を築くためには、飼い主さんが猫の気持ちを正しく理解する必要があります。愛猫からの信頼を得るためには猫に気持ちを伝えるコミニュケーションも必要です。今回は愛猫と上手に信頼関係を築くポイントを4つにしぼってご紹介します♪

1.猫が安心できる存在になろう!


猫と深い信頼関係を作るためには、
飼い主さんは猫にとって、

安心できる存在
=信頼できる存在
でなくてはなりません。

飼い主さんと一緒にいることが、
猫にとって一番リラックスできる
快適な時間になるようにしましょう。

猫によっても性格が異なりますが、
猫は行動を強制されることを好みません。

自由気ままにしていたい動物です。

なので、
無理やり抱いて身体を撫でたり、
嫌がっているのに押さえつけることは
信頼関係を壊してしまいますし、
猫から寄り添ってくることが
なくなってしまいます。

猫が嫌がらない程度に、
スキンシップを取るようにしましょう。

間違っても、
リラックスして寝ている所を、
無理やりおこして遊ばせようとするのは
やめましょう。

猫が好きなことを見つけて、
安心して身体を預けてくるように
接してあげましょうね。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/e8b26633-29cc-43bd-8ae4-2cc78ca080be.jpg

2.見つめてみよう!


猫とのコミニュケーションで、
目を見つめてゆっくりと瞬きをしてみましょう。

この仕草は、猫が、
「愛してる」
「信頼している」
という感情を伝えるときに取るものです。

猫がリラックスしているときであれば、
いつでも何度でもしてあげてみて下さい。

飼い主さんの愛情がきっと伝わるはずです。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/fc11f9d4-53b0-4ff7-916e-bd4d24631760.jpg

3.猫の気まぐれに合わせてあげよう!


猫は犬と違って「かまって!」
という時間が長くありません。

1日のうちほんの少しの時間、
飼い主さんのそばに来て
「遊ぼう」
「撫でて」
「かまって」
とアピールしてきます。

このときにできるだけ、
猫の要求に答えてあげるようにしましょう。

自分を受け入れてもらえることが分かると、
飼い主さんへの信頼度も高くなります。

手が離せない時でも、
名前を呼んで声をかけてあげたり
褒めてあげたり、
少しのボディータッチでも
猫は安心感と満足感を高めます。

この時も猫が求めているより
しつこくかまい過ぎるのはやめましょう。

適度な時間、適度な距離感、
猫と暮らすうちに自然と作られる感覚が
猫との信頼関係です。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/68c04bba-fee0-4a4f-964b-5b4eed54c37a.jpg

4.猫の全てを受け入れてあげよう!


人間関係でも同じですが、
相手を受け入れることで
信頼関係を築くことができます。

猫の行動や仕草を「否定」した気持ちで
コントロールしようとするのはやめましょう。

それぞれ、個性や特徴も異なりますので
「猫なのに」
「猫なんだから」
という考えはやめて、
猫の全てを受け入れて、
認めてあげましょう。

叱ったり、強制したり、
体罰を与えて育てることは
飼い主さんとの信頼関係を築けないどころか、
猫にとっての、
幸せな生活とはほど遠いものになってしまいます。

飼い主さんを信頼しきって
猫からじっと見つめられる
飼い主さんになりたいですね♪

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/07af1aa2-aff1-4ee7-b01c-30c42ee0272a.jpg

この記事を書いた人

りょう いちお

りょう いちお

バーニーズとフレブル、保護猫ちゃんとシッポまみれの毎日です!

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう