甘噛み、散歩で歩かない、粗相しちゃう…困った行動をとる子犬へのしつけ

甘噛み、散歩で歩かない、粗相しちゃう…困った行動をとる子犬へのしつけ

無邪気で何をしても許せちゃう子犬ちゃん。この時期には皆さん共通したお悩みがあるのではないでしょうか?お家に迎い入れてさっそくあちこちでオシッコをしたり、色々なモノをかんだり壊してしまったり。可愛いからといって何でも許してしまうと、大人になってからさらに困った行動にでてしまう子もいます。そうならないためにも、子犬の時からしっかりトレーニングしていきましょう!!

1.トイレが出来ない


まだトイレを覚えていない子犬にとって、
お部屋の中はすべて排泄をする場所です。

「ここでしてね」と人と一緒に
生活するうえでのルールを
一から教えてあげることが必要です。

排泄するペースもその子それぞれ。

すぐに覚えてしまう子もいれば、
時間をかけて覚える子もいますので、
ひとつひとつ焦らずその子のペースで
トレーニングしていきましょう。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/aecb732f-dea6-4ee3-9b6f-626d050bc7b7.jpg

トイレのしつけで準備するもの


・ハウス(屋根がついていて扉が開閉できるもの)
・サークル
・トイレシーツ
・ご褒美

トイレトレーニングのポイント


・失敗しても叱らない

焦って失敗を叱ってしまうと、
子犬は排泄をすること自体が悪いと思ってしまい、
見ていないところで隠れてしたり我慢してしまったり、
もしくはかまってくれたと失敗を繰り返す可能性も
あるので、失敗は叱らず成功したことに
対してたくさん褒めて覚えさせましょう。

・環境を整える

トイレを覚えやすいように環境を整えて
あげることもとても重要です。
カーペットやマットなど
子犬好んでしやすいものは、
混乱しないよう、覚えるまでは片付けましょう。

一回でも失敗を減らすことが
トイレを覚える近道です♪

・タイミング 

排泄のタイミングを見て、
トイレの場所まで誘導します。
失敗させないように予めハウスに入れ、
排泄をしそうになったら
トイレの場所まで誘導します。

排泄をしやすいタイミングは

・寝起き

・食後

・お散歩や遊んだあと

は必ず指定のトイレの場所まで誘導しましょう。
排泄の時間は特に決まっていません。
普段の生活をよく観察し、何分おきに
排泄するのかを見極めて排泄を諭しましょう。

排泄をし始めたら『ワンツー・ワンツー』や
『シー・シー』など排泄を促す合図をかけます。

終わったらすかさずご褒美をあげて(おやつや褒める)
サークルから出してフリーにしてあげましょう。

シーツで排泄をしてご褒美をもらう経験を
重ねていくとどんどん覚えていきます。

2.甘噛み


甘噛みはパピーの時期に多くみられます。
一体どのような理由でおこるのでしょうか?

・ 歯の生え換わり

およそ生後4ヶ月~7ヶ月に
子犬の歯は生え変わります。
歯の生えかわり時期というのはむず痒く、
人の手や家具、など何かを噛んで
紛らわせようとします。

・ 遊びの延長

人や他の子犬との遊びや
じゃれあいの中での興奮から、
甘噛みをしてしまうことも。

・ ストレス解消

長時間のお留守番や
暇つぶしなどストレス。

子犬の頃は噛まれても
あまり痛くはないですが、
体が成長するにあたって顎の力も
発達し強くなってきますので、
気付いた時には本気咬みに
なってしまったら大変です。

癖づけないように早めの時期からの
トレーニングをしていきましょう。
そして、噛んでよい物といけない物のメリハリを
わかりやすく教えてあげることも大事です!

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/e3077a1e-6c76-4144-8265-44d742bf423e.jpg

犬の甘噛みを直すしつけ手順


1. オモチャのロープを使って
  引っ張りっこをして噛みを誘う。

2. 興奮して少しでも手に歯が当たったら
  『イタイッ!!!』と低く大きな声を発します。
  はじめのインパクトが重要です。

3. 子犬がビックリしてオモチャを離したら、
  オモチャを持った手を背中などの
  見えないところへ隠します。

4. 再び引っ張りっこをして、
  歯が当たったら同じ手順を繰り返します。
  歯を当てなかったらら褒めて遊んであげましょう。



これを続けることで、噛んだり歯を当てなければ
遊んでもらえると覚え甘噛みが軽減していきますよ。

他の子犬と触れ合うことで噛む力の抑制を学ぶことも♪


犬同士、遊びの中で噛む力の抑制を学びます。

強く噛んでしまったら怒られたり
一緒に遊んでもらえなくなってしまうので、
お互い噛み加減や上手な遊び方を
学んでいきます。

その他にも、遊びの中で
信頼関係を築いたり
ボディランゲージを学んだりと、
犬同士でしか学べないことが
たくさんあるので、
他の同じ月齢の子や接するのが
上手な先輩犬と触れ合える機会を
作ってあげましょう。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/aab123ad-b458-4b9c-bc67-4786a2258ce2.jpg

3.散歩で歩かない


子犬にとって外の環境は、
初めて見る人・物・音・匂いなど
刺激的な世界の中、緊張や不安で
一歩前へ踏み出すことは勇気のいることです。

まずは外の環境に慣れて、
お散歩を大好きになってもらうのが第一優先です。

歩かないからといって
焦って無理やりグイグイ引っ張ったりしてしまうと、
外が怖いお散歩が嫌いな成犬になってしまう可能性が
ありますので、焦らず少しずつ慣れる練習をしていくと
良いでしょう。

そしてこれから社会性を身に付けて、
どんな環境でも自信をもっていられる
素敵な大人へと成長出来るよう、
好奇心旺盛で柔軟性のある子犬の時期に
しっかり´社会化´のトレーニングをしていきましょう。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/f9ca97b8-7e13-4fce-b828-52fbaa0027fb.jpg

犬の社会化トレーニングのポイント


室内でも外でも色々な人・犬・物・音・匂いなどに
触れさせましょう。

見て・聴いて・感じてたくさんの経験を
子犬のうちからさせていきます。

まだまだ好奇心旺盛で恐怖心の少ない子犬の頃から
経験を積んで慣れておくことで、
大人になって初めて経験することでも
柔軟に対応出来るようになります。

子犬は「社会化」に適している貴重な時期です。
お互い楽しみながら、そしてこれからの素敵な
ドッグライフのために頑張りましょう!!

子犬のしつけで悩んだら…


ご自身で子犬のしつけを行っているが、
なかなか上手くいかずお悩みの飼い主さんも、
プロのスタッフさんと楽しく「しつけ」を学ぶことが
できますよ♪
犬のしつけ教室 ドッグスタジオ『マイレ』

この記事を書いた人

Dog Studio Maile 〜マイレ

Dog Studio Maile 〜マイレ

犬のしつけならマイレにおまかせ!

http://www.maile.ne.jp/

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう