パグ独特のパグ臭!この匂いの3つの原因と対処法

パグ独特のパグ臭!この匂いの3つの原因と対処法

パグには、パグ臭という独特の匂いがあります。パグを飼ったことがある方はわかると思います。この匂い、パグ好きにはたまらないのですが、あまりに匂うと困りますよね。そこで、この匂いの原因と対処法についてご紹介します。

1.顔のニオイはシワが原因!


パグといえば、顔のシワが大変特徴的ですね。
このシワがパグの代名詞といってもいいくらいです。

しかし、このシワがパグの顔のニオイの原因なのです!

シワの間は、全く空気に触れることがありません。
そのため皮膚が蒸れて、
細菌が繁殖しやすい状態になりやすいのです。

汚れを放置していると、
このシワの部分が赤くなって炎症を起こし、
皮膚炎になってしまうことがあります。

また、食事の時も、
この鼻ぺちゃの独特な顔なので、
食べかすがシワの間に
入り込んでしまうことがあります。

これがまた、
ニオイの原因になってしまいます。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/ee8133c4-c810-400c-9ab3-766d8793f3c2.jpg

顔のニオイ対処法


この顔のニオイの対処法は、
常にシワの間を清潔にしておくことです。

食事のあとの食べかすも気になりますから、
できれば毎回食事のあとに、
顔のシワの間を優しく拭いて上げてください。

水で濡らしたガーゼで
拭いて上げるといいですよ。

また、赤ちゃん用のウエットティッシュも
殺菌効果もあり使い捨てで使いやすく
オススメです。

ちょっとの赤みでしたら、ホウ酸水を作って
ガーゼにしみこませ、
シワの間を拭いてあげるといいですよ。

顔のシワのお手入れに関しては、
↓こちらも参照してみてくださいね。
パグのチャームポイントのシワ、お手入れが必須なんです!

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/55244283-3139-4686-b855-374410653f5d.jpg

2.垂れ耳がニオイの原因!


犬の耳は、健康な犬であれば
自然と耳の中から耳垢が
外へ押し出されてきます。

もちろんパグも、
健康であれば耳垢は自然と外へ
出てしまいます。

でも、パグは垂れ耳ですよね。

そのため、
耳の中が蒸れやすく耳が汚れやすいのです。

この汚れが耳のニオイの原因になっています。

あまりにニオイがきついと
外耳炎や耳ダニがいる可能性がありますから
病院へ連れて行きましょう。

また、犬の場合、耳の病気の
70~80%がマラセチア菌が原因といわれますので、
注意してあげてくださいね。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/cccc49a6-ba74-4df3-8019-27fe54f0f05b.jpg

耳のニオイの対処法


イヤーローションを使って、
週に1回は手入れをしてあげましょう。

このとき、絶対に綿棒で耳の中を
ゴシゴシ強くこすったりしないでくださいね。

犬の耳の中の皮膚は大変薄くできています。

綿棒で強くこすってしまうと、
耳の中の皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

また、予防接種や健康診断の時などに
動物病院でときどき耳掃除をしてもらうといいですよ。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/4cee8a49-8ce9-4ee4-9dff-e6c1d8cfe751.jpg

3.体臭はきつい方です!


パグは、
犬のなかでもやはり体臭がきつい方だといえるでしょう。

パグは体質的にとても脂っぽい感じがします。
これがニオイの元になるわけです。

また清潔にしていなければ、
皮膚炎の原因にもなりますから
日々の手入れが大切です!

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/30e4ed61-c9a0-49ce-a4f2-3b940b4f75fb.jpg

体臭の対処法


毎月最低でも一回はシャンプーをしましょう。

脂っぽくて皮膚が弱い方なので
薬用シャンプーや皮膚質にあったシャンプーを
使ってあげましょう。

シャンプーの時は、
シワの間などを丁寧に洗ってください。

また、
被毛をしっかり乾かしてあげましょう。

濡れたままにしておくと、
それがまたニオイの原因になってしまいますので、
ドライヤーでしっかりと乾かします。

また、散歩のあとなどに、
ぬれタオルなどで体を拭いてあげると、
体臭があまり気にならなくなりますよ。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/24c3a624-252c-474f-862f-6df965839f37.jpg

季節によって違うニオイへの対処法


ニオイの原因を、
顔のシワ
垂れ耳
元々の体臭
から見てきました。

ここでは、
季節によってその原因への対処法が
少しだけ違ってくる部分をご紹介します。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/8e594f6f-b115-4be1-b14a-2ce3790efecf.jpg

【春、秋、冬】の体臭お手入れ


この季節は、
基本的なお手入れで十分だといえます。

毎日のシワのお手入れと
定期的な耳の手入れ、
そして一ヶ月に1回のシャンプーで大丈夫です。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/eb82d165-0f78-49f3-a697-76d583979a72.jpg

【梅雨、夏】の体臭お手入れ


顔のシワの手入れはもちろん毎日ですね。

耳の手入れも定期的ですが、
時々耳の状態を確認しましょう。

耳垢が外耳についているようでしたら
ガーゼなどで優しく拭き取って上げてください。

シャンプーは、
できれば1週間に1回、
もしくは2週間に1回くらい割合で
シャンプーを行いましょう。

この季節は、脂っぽくなりやすく
こまめにシャンプーをすることは
皮膚炎の予防にもなります。

愛犬の皮膚の状態を見ながら、
シャンプーの回数は決めてみましょう。

梅雨時は、やはり湿気が多いので、
一番細菌が増殖しやすく注意が必要です。

エアコンのドライ機能をうまく使って
適切な湿度管理をし、
菌の増殖を抑えるように心がけましょう。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/928cc16f-b034-4ef0-8074-c6cf538f5938.jpg

この記事を書いた人

pug-pug

pug-pug

ただいま、ボルゾイ1匹とパグ8匹と暮らしています。

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

関連キーワード

キーワードから記事を探そう