リクガメの種類ってどんなのがいるんだろう?

リクガメの種類ってどんなのがいるんだろう?

リクガメを見に行っても意外とペットショップでも扱われていません。リクガメにはおよそ200種類以上もいると言われているほど種類が多く、さらに希少価値の高い生き物です。それでもどんなリクガメがいるのか気になりますよね。今回はそんなリクガメの種類についてご紹介ましょう♪

初心者向けにおすすめなギリシャリクガメ


地中海辺りに生息している比較的初心者でも
飼いやすいと人気なリクガメはギリシャリクガメです♪

ギリシャリクガメにはいくつか
亜種といわれる小さな分類に分けられています。

生息地域によってムーア、穴ムール、アンタキヤ、
カスピ、アラブなど呼び名が変わります。

日本で販売されているギリシャリクガメの多くが
10~15cm前後で販売されていますが、
成長すると最大で38cmくらいにまでなります。

ギリシャリクガメの最大の特徴は
その名前の由来ともなっている
ギリシャ織のような甲羅の模様です。

地中海という日本に近い気候で生息しているため、
成長すれば冬眠することもできますが、
亜種によっては冬眠が難しいものもいます。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/88ddd2ff-42ae-4cb4-98b5-7b9fb83c9197.jpg

甲羅の模様が人気のロシアリクガメ


リクガメを飼っているという人の多くが
飼育しているのがロシアリクガメです。

ロシアリクガメは
ヨツユビリクガメともいわれていて、
その名の通り四本指が生えていて
大きなシャベル状の前足で穴を掘る亀です。

もともと砂漠気候やステップ気候、
地中海気候などの広い地域で生息していて、
農耕地にも生息しています。

温厚な性格が特徴で、
なんと年間の半分を休んで
過ごすこともあるくらい。

ゆっくりした生活を送っています♪

野菜や花、果実などを食べ、
害獣として駆除されていたこともありますが、
現在はその数が減っているため
保護されることも多いリクガメです。

穴を掘るのが得意なため
野外での飼育の場合は脱走事故に注意し、
しっかり観察することが大事です!

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/3fa28011-ae6e-4d23-957f-c8a64ea094e4.jpg

ドーム型の甲羅と言えばヘルマンリクガメ


日本でも比較的手に入りやすいリクガメと言えば
ヘルマンリクガメです。

最大で35cmにも成長し、
ドーム型のきれいな甲羅を持っている亀で
日本でも人気があります。

日本の気候にも適応しやすく、
地中海気候の乾燥した広葉樹林で
生息しているため
冬になると冬眠することもあります。

性格は好奇心旺盛な個体が多く
活動的に動き回ります。

楽しく育てることができますよ♪

野菜や果実などを中心に
昆虫なども食べる雑食性で、
繊細なリクガメの中でも比較的丈夫な亀です。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/767a613b-e594-4431-9dab-1ea9c8d8cfeb.jpg

見た目に美しいリクガメと言えばホシガメ


リクガメの中でも甲羅に最大の特徴があるのがホシガメです。

その名の通り甲羅に星のような模様があり、
とても華やかな特徴があります。

生息地域がインドやスリランカで、
日本の気候ではなかなか飼育が難しいと
言われています。

しかし、温度管理をきちんと
行ってあげれば元気に育ってくれます♪

食べ物も選り好みが少なく
比較的何でも食べてくれます。

手間がかからない一方、
飼育環境には気を付けて
あげることが大事な亀です。

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/ab357c9a-1745-4d05-9ff9-636e3d9ccab8.jpg

リクガメは比較的温厚な性格が多く、懐きやすい傾向にある


今回はリクガメの種類について
ご紹介しましたがいかがでしたか?

一言でリクガメと言っても
ビックリするほど種類がいて、
なかなかどういった特徴があるのかを
判断するのは難しいものがあります。

またその生態の多くが
不明となっているものも多いです。

またワシントン条約で飼育出来るリクガメも
限られているのでなかなか手に入りにくくなっています。

今回ご紹介したようなリクガメの種類を参考に、
自分が飼いたいリクガメを探して
本当はどんな性格なのかを
どんどん発見してほしいと思います♪

http://d1mgff5xk6ff17.cloudfront.net/uploads/9fdcfdcc-ea1a-4367-ba61-d56d96b8bda5.jpg

この記事を書いた人

うめぴ

うめぴ

インコとカメと犬が大好き!大家族で生活してます♪

関連する記事

あなたが好きな記事はこれ!

  • 亀にも爪切りは必要!亀の爪の切り方

    亀にも爪切りは必要!亀の爪の切り方

    亀を長く飼っていると爪の伸びに気付くようになります。特に室内で亀を遊ばせていると、歩きにくそうだったり、爪に髪の毛やホコリが引っかかったりして爪の伸びが発覚することもあります。爪が伸びているのはいいことではありません。今回は亀の爪切りについてご紹介しましょう♪

  • 亀のなつかせ方は?レッツ・カメニケーション♪

    亀のなつかせ方は?レッツ・カメニケーション♪

    亀ってなついてくれるの?だって無口だし、あんまり遊ばなさそうだし、臆病そう・・。実は、なついてくれるんです!

  •  亀の水槽のレイアウトをしてみよう♪

    亀の水槽のレイアウトをしてみよう♪

    亀の水槽のレイアウトはインテリアにもなり、部屋の模様替えをしているようで楽しいものです♪レイアウトは飼い主のセンスが現れるところでもあり、また亀にとっても住みやすい環境になるかどうかが関わってくるポイントでもあります!今回はそんな水槽のレイアウトを行うときの参考に、レイアウトのポイントをご紹介します。

  • リクガメを飼ったら電気代はどれくらい?

    リクガメを飼ったら電気代はどれくらい?

    リクガメを飼うには水亀とは違った設備が必要になります。特に温かさが必要となるためヒーターなどは年中欠かせません。そんなイメージからリクガメを飼うとお金がかかると考えている人も多いのではないでしょうか?今回はリクガメを飼う時の月々の電気代についてみていきましょう♪

  • 亀のいる生活はとっても幸せ♡運気も上がる♪

    亀のいる生活はとっても幸せ♡運気も上がる♪

    手に入れやすくコスパが良い亀さん。飼ってみたいという気持ちはあるけど、寿命は長いって聞くし成長した大きさも気になる。。今回は亀さんのいる暮らしについてのお話です♪

  • 亀が餌を食べ過ぎちゃう!甲羅からお肉がでたら、"ぽっちゃり"すぎかも

    亀が餌を食べ過ぎちゃう!甲羅からお肉がでたら、"ぽっちゃり"すぎかも

    ”ぽっちゃりブーム”が来てますね!やっぱり健康的な方がかわいいし、食べる姿がなんとも癒し♪・・でも亀さんにぽっちゃりっていいのかな?今回は亀さんが太ってしまったときの対処法をご紹介します。

関連キーワード

キーワードから記事を探そう